読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトル未定

自分で読み返す用に書いてます。ひとりよがり。

誰かの願いが…という歌、


誰かの願いが叶う頃あの子が泣いてるよ、っていう歌


わたし、自分の願いを叶えるために誰かを傷つけてきたことがある、絶対にある、

傷つけることわかってて、でも自分のためにしたことがある。


逆もたくさんあるよ、傷つけられたこともたくさんある。

で今回はまた傷つけられてるパターン。


もちろんそんなので恨んだりしないけれど。

や、うそ、やっぱりちょっと恨みごと言っちゃう。

でも仕方のないことだから。


ふと、電車の窓ガラスに映った自分が、にやけてる、やだやだ、なんてあなたが思ってるすぐ近くで、


わたしは下を向いてひとりで歩いてるよ。


気をつけてないと涙ぐんでるときある。あぶない、あぶない。

ほんとにひとりでいるときは大体かなしい。


んー。でも切ないけど良い歌詞なんだよなー。