タイトル未定

自分で読み返す用に書いてます。ひとりよがり。

さっきのブログは消さない

消さないけど、夜中になって、その家で眠ろうとしたら、途端に彼のことを考えて複雑な気持ちになってる。


何故死んだんだろうって、考えた。

親を責めてか。親を思ってか。絶望したからか。


前日の夕飯は普通に食べていたみたいだ。

どのタイミングで、死のうと思ったんだろう。

以前から決めていたんだとは思うけど。


誕生日を選んだのは、やっぱり、自分のことしか考えずに親や周りを恨んだからなのか。

覚えていて欲しいということなのだろうか。


苦しかっただろうな。怖かっただろうな。

泣いただろうか。泣くことなんて忘れてしまっていただろうか。


わたしに何かできることがあったとは思わない。

けど。


息子の部屋に座って泣いていたお父さんの後ろ姿、たぶん一生忘れられない。


わたしはきっと一生許さない。

一生忘れない。数少ない良い思い出はこれからきっと思い出していく。

広告を非表示にする