読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトル未定

自分で読み返す用に書いてます。ひとりよがり。

あなたに会うために生まれてきました

タイトルは、きっと一生言うことない台詞です。シリーズ化したい。


好きな人がいます。

無口でクールな第1印象、大胆でユーモラスな第2印象というものがあればそれ、そしてやっぱりよくわからない、変わり者なんですね、あなたは、という今の印象。


手も足も出ない。


わたしの気持ちはうすうすわかってるはずで、で、で、わたしのことを好きだと言う。


ここが卑怯なんだけど、好きだよと言いつつ手も出して来なければ付き合おうとかも言わないし、


今は恋愛というものに少しだけ距離ある、みたいなことを言うものだから、わたしは???となっている。


おやすみだから会おうよとか、どこに行きたい、何を食べたい、とか、考えてくれてるのは、わたしを恋愛対象として見てるからじゃ、なかったの?


会ったり話したりするだけで満足してるの?

体の関係はないけど、会えばさみしくないから、言ってしまえば都合の良い女なのかな?笑

また難しい人を好きになってしまった…


なんか、ゲームとかでよくある


難易度???


のところはやらないようにしてるのに。