読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトル未定

自分で読み返す用に書いてます。ひとりよがり。

ひとりだと言う

わたしの好きなひとは、

いつもひとりぼっちだと言う。

わたしが側にいても、

そう思っているんだそうだ。


そんなこと言われてしまったらすごい無力感。

理解者だと思ってたのに。

ひとりよがりだったのかな。


いつだったか、車で送ってもらってるとき、

いつもの道が長く感じる、と彼が言った。

わたしは些細なことで、ちょっと怒ってた。

彼はとても明るくていい人だけど、無神経なところがあるから、

ちょっと嫌だなってことを言われるときがある。

わたしは少し無言になったりする。

彼にしてみればどうしたの急に、なわけで、

その発言に至ったんだろうけど。


で彼がSMAP青い稲妻を歌い出す。


君の態度が変わったとキスを避ける仕草で気づく


わたしは、無神経なのに意外と聡いんだよなあ、と思い、


サビのゲッチューを一緒に歌ってあげたのだった。


…。


それで仲なおりしたわけなんだけど、

そういうことも彼は覚えていないんだろうな。


君がひとりなら、わたしもひとりだ。

広告を非表示にする